aqutils / aqadmin /
Seiji Sogabe authored on 30 Jul 2015
..
doc added licenses 2 years ago
src fixed pmdwarnings 2 years ago
README.md added aqmsg/doc 2 years ago
pom.xml jta,jar should be bundled 2 years ago
README.md

aqadmin

Build Status

使い方

$ bin/sh aqadmin -h

aqadmin ver. 1.0-SNAPSHOT(2015-07-09T02:08:18Z)

使用方法: キューの操作を行います。

  bin/aqadmin action queue [options]

 action                 : アクションを指定します。
 queue                  : キューを指定します。
 -g (--grantee) grantee : 権限を付与/剥奪するユーザ、ロールを指定します。
 -h (--help)            : 使用方法を表示します。
 -l (--url) url         : OracleのURLを指定します。'jdbc:oracle:thin:@HOST:PORT:SID'
 -p (--passwd) passwd   : パスワードを指定します。
 -s (--schema) schema   : スキーマを指定します。
 -u (--user) user       : ユーザを指定します。
 -v (--version)         : バージョンを表示します。
 -y (--yes)             : アクションの実行確認を行いません。

サポートアクション:
 createQ : キューを作成します。
 dropQ   : キューを削除します。
 listQ   : キューの一覧を表示します。
 purgeQ  : キューをパージします。
 grantQ  : 指定したキューに対する権限をユーザに付与します。
 revokeQ : 指定したキューに対するユーザの権限を剥奪します。
 startQ  : 指定したキューを起動します。
 stopQ   : 指定したキューを停止します。
 

アクション仕様詳細

JDBCのurl, schema, user, passwdは、コマンドラインと同じディレクトリのaqrcというファイルに記述することで、省略可能です。

    url=jdbc:oracle:thin:@10.167.62.230:1524:rhel6
    schema=aqjava
    user=aqjava
    passwd=aqjava

設定ファイルとコマンドライン引数を同時に使用した場合、設定ファイルの値を上書きします。